天応 クライミングトレ

2016.4.16
 久しぶりの天応烏帽子岩です。
広島近郊のJR線は新型車両がたくさん走行するようになりました。子供っぽい感じのモーター音が独特です。はじめてゆったり四人がけのシートに座って満足1時間。午前9時14分天応駅に到着。
 午後からは崩れる予報でいまは快晴。心なしか熊本地震でその快晴も沈みがちではあります。ボッカがてらのあっという間の30分でゲレンデ基部に到着。我々と負けず劣らず元気な中高年のグループがまさにロープを掛けようかというところでした。
 トクモト・・・始めてチャレンジするルート。もちろん・・・トップロープです。相変わらずというかのっこしでバタバタ。スラブのワンステップでビビリます。ロープを下ろすとちょうど昼。中高年が犇めいて賑やかなランチタイム。
 銀座尾根・・・まさかの左クラックへ。2Pは結構傾斜があって緊張。まあセカンドでお気楽なポジションですが。テラスから見下ろす谷間にはアオダモの白い花が点々満開。新緑はいま始まったばかりの瑞々しさ。日光を浴びながらの風も心地よい。
 ダイレクト・・・ここもなぜか登っていないルートです。もちろんセカンドでおみやげをいただくようなクライミング。高度感もあってちょっとレイバック、苦手なハング気味のっこしをすぎれば穏やかなスラブで終了点。満腹の午後3時半すぎに下山。
 4時40分も新型車両クモハ226のシートに揺られて帰宅。ただし自宅までバスの乗り継ぎもあって2時間もかかった。もちろんビールは最高に旨し!!




160416-00_thumb.jpg
黒ナメラではすでにロープが張られました


160416-01_thumb.jpg
トクモトへ リードするNさん


160416-02_thumb.jpg
狭い岩場基部から横を向くと輝く烏帽子岩


160416-03_thumb.jpg
トップロープを張ってトレ N+Aは2Pへ


160416-04_thumb.jpg
見上げる弟子たち


160416-05_thumb.jpg
手が届かないといいつつ滑らかに進むK


160416-06_thumb.jpg
銀座尾根右ルート クラック 見かけより微妙


160416-07_thumb.jpg
2P 傾斜がきついクラック沿いに


160416-08_thumb.jpg
出だしが微妙


160416-09_thumb.jpg
コール待ちで一枚


160416-10_thumb.jpg
身体を押し上げてテラスへ


160416-11_thumb.jpg
見下ろせば新緑の谷間に小川が流れ


160416-12_thumb.jpg
横を見れば岩壁に張り付く姿が見え


160416-13_thumb.jpg
振り返り見下ろせば新緑と瀬戸の海


160416-14_thumb.jpg
アオダモと黒ナメラの岩壁


160416-15_thumb.jpg
ダイレクト・・・クラック沿いに登ります


160416-16_thumb.jpg
ここも見かけより第一歩が微妙


160416-17_thumb.jpg
先行のセカンドが岩陰に進んでいきました


160416-18_thumb.jpg
リードのNさんビレーで這い上がってホッと


160416-19_thumb.jpg
グレードの割に迫力のある岩壁です


160416-20_thumb.jpg
振り返ると曇りなく綺麗に岩場が見えました


160416-21_thumb.jpg
ルート図








ホームページに戻る