アケボノツツジと裏寒風山

2016.5.12
 西赤石山のアケボノツツジ、満足だったが今少し何にかが足らず。例年、西赤石山よ り遅く見頃を迎える寒風山が頭をよぎる。5・6年前だったか裏寒風山を登った時に下ってく るパティーに出会あった。これこれ!アケボノ鑑賞の下りに歩いてやれ。
天気予報晴れが3日間続くと確認、5月12日茶屋駐車場を3時半に歩き始める。桑瀬 峠、あれ!明けてきたぞ。急に歩きを決めたので日の出時間を確認してなかった。この1週間の2か所リヒト付きで歩き出した所は谷筋だったので日の出が・・・ ついこの感覚で日の出時間を・・・
 頂上、平日だしもちろん独り占め。写真撮りまくり。笹ヶ峰方面の濃いアケボノ越え 撮影は3回もトライしよじ登った木の上から。頂上で2時間余りユックリしたのでさて下ります か。
 裏寒風コース分岐尾根にお一人。花情報をいただいた。今年のアケボノはつぼみが少 なく全くの不作との事。翌日下調べを予定していた筒上山のシロヤシオも月末前後が見頃と聞く。
分岐の展望台で豪快な風景を堪能したら裏コースに下りますかね。真っ逆さまに落ち そうな崖道をロープの助けを借りながら、転げ落ちたらただでは済まぬ谷間ガレ場の湿った岩稜トラバース、あるか無いか程度の薄い踏み跡は何ヶ所かで消える。地図・コンパスが使えない人は歩かない方がいいと思います。特に1400mあたりの尾根乗り換えは特に注意を。
途中でシャクナゲ。この標高でまだツボミなら筒上山のシロヤシオはまだまだと判断。明日の予定は変更だ。登山口で前回もあった「危険!登山禁止」の黄色テープは健在だった。(記 N川)




160512-00_thumb.jpg
 4時42分桑瀬峠、冠山方面が輝きだしたぞ


160512-01_thumb.jpg
 冠山のシルエットからスポットライトが


160512-02_thumb.jpg
 少しライトが高くなりました 


160512-03_thumb.jpg
 伊予富士を背景に輝いてます


160512-04_thumb.jpg
 立派なステンレスのハシゴになってます


160512-05_thumb.jpg
 シルエット残し瓶ヶ森・伊予富士が明けた


160512-06_thumb.jpg
 キレイだったのでついヤブ漕ぎ下から


160512-07_thumb.jpg
 寒風山頂上から西条の街と瀬戸内海を


160512-08_thumb.jpg
 カメラをちょっと右に振ってます


160512-09_thumb.jpg
 笹が峰を分けてちち山と沓掛山が右左に


160512-10_thumb.jpg
 濃いピンクに引き寄せられて


160512-11_thumb.jpg
 冠山・平家平が朝日にクッキリと浮かびます


160512-12_thumb.jpg
 180度ターンして瓶ヶ森を


160512-13_thumb.jpg
 伊予富士の谷が急峻で深いですね〜


160512-14_thumb.jpg
 歩いてきた稜線真ん中が桑瀬峠ピンク寂しい


160512-15_thumb.jpg
 崖道を下りましょうか


160512-16_thumb.jpg
 沢はガレ場になってます


160512-17_thumb.jpg
 こんな光景が 緊張をほぐしてくれる


160512-18_thumb.jpg
 トラバースの印 誤り真っ直ぐ行ったら大事


160512-19_thumb.jpg
 岩が湿ってて右は断崖 一番緊張した所


160512-20_thumb.jpg
 たまには上を見て歩きます 癒しを!


160512-21_thumb.jpg
 谷間に瓶ヶ森が顔をのぞかせます


160512-22_thumb.jpg
 左端上からトラバース気味に下ってきました


160512-23_thumb.jpg
 ピークに出たら絶景が拡がる


160512-24_thumb.jpg
 下る尾根を間違うとこんな所に出ますよ


160512-25_thumb.jpg
 シャクナゲはまだツボミでした


160512-26_thumb.jpg
 桑瀬峠と同じ高さに下ってきました


160512-27_thumb.jpg
 岩の上にケルンが


160512-28_thumb.jpg
 登る時・下る時、最初・最後の難関です


160512-29_thumb.jpg
 寒風山隧道を歩いて周回の終わりに到着です






ホームページに戻る