野貝原〜極楽寺山

2016.5.28
【コース・タイム】明石バス停(8:45)…古代道登山口(9:12)…野貝原一等三角点(10:20)…泉水峠(11:20)…ピーク682(ランチタイム12:25=12:40)…七曲峠(14:24)…アルカディアビレッジ分岐峠(15:06)…蛇の池茶屋(15:30=15:50)…極楽寺本堂(16:02)
 前回歩いたのは5年前の晩冬。今回で3回目。どんな風に道が変わっているんだろうか?あいにくの曇り空。どこもぼんやり白く霞んだ展望だし、まだ盛りではないが茂った枝葉に邪魔をされて展望はほぼなし。植林と雑木林の混じった尾根をひたすらたどることになった。そのなかでもヤマボウシやアサガラの白い木々、低木の密やかな花々に出会う楽しみがあった。全般に迷うようなヤブ化した場所はなく、道標はないけれど地図で現在地をしっかり確認しながら進めば安心して歩ける、ちょっと長いがチャレンジしがいのある縦走路です。
 10名の同行者。さて想定の時間どおりに歩けるのだろうか?
 案ずるほどでもなくそれぞれ年齢不相応に健脚・・・ただし、お楽しみのビールや昼食時間20分、小休止は給水のためだけ・・・などと、いくつかのルールをもうけさせてもらった。ほぼ午後4時に極楽本堂到着。ここからはCL役を解いてもらい、独り自宅へ通ずる極楽寺縦走道をたどって帰宅。どもかしこも綺麗な登山道になっているのでルンルン。ちょっと夕方の日差しが届いてきたり。帰宅後のビールはもちろん最高に旨い。おそよ距離20km、標高3000mすこし越える里山ロングトレイルでした。 (記 T沢)




160528-00_thumb.jpg
ルート図


160528-01_thumb.jpg
明石バス停から登る


160528-02_thumb.jpg
登山口はわかりづらい(標識なし)


160528-03_thumb.jpg
落ち葉を詰め込んだ道がしばらく続く


160528-04_thumb.jpg
谷の源流を抜け出ると一等三角点頂上


160528-05_thumb.jpg
廃墟・・・ますます荒れてきた


160528-06_thumb.jpg
ヤマボウシがいまが盛りとたくさんあった


160528-07_thumb.jpg
最初の鉄塔を横切る 野貝原はガスの中


160528-08_thumb.jpg
古い歴史の泉水峠


160528-09_thumb.jpg
峠からしばらく檜の植林帯を登る


160528-10_thumb.jpg
伐採のための道が平行して伸びる


160528-11_thumb.jpg
植林帯とその際を小さなアップダウンで歩く


160528-12_thumb.jpg
展望の少ない縦走路で僅かにある展望場所も・・・


160528-13_thumb.jpg
昼休憩を挟んで順調に汐見山の三角点


160528-14_thumb.jpg
まだまだある木々の花*1 スノキ


160528-15_thumb.jpg
まだまだある木々の花*2 コアジサイ


160528-16_thumb.jpg
まだまだある木々の花*3 ナツハゼ


160528-17_thumb.jpg
七曲峠からヤブっぽい道へ入る


160528-18_thumb.jpg
最後の鉄塔。いつもと違う角度から窓が山


160528-19_thumb.jpg
アルカディアビレッジとの分岐峠


160528-20_thumb.jpg
極楽寺本堂到着。CL役を解かれて単独行動


160528-21_thumb.jpg
エゴノキの散華いっぱいの道


160528-22_thumb.jpg
鉄塔周辺伐採されて見通しが良くなった


160528-23_thumb.jpg
振り返ると極楽寺が遠く霞んで。帰宅。






ホームページに戻る