ニセイカウシュッペ山


2016.7.12
 前山の天塩岳を下山して3日間、山の天気予報はかんばしくなく洗濯日・登山口確認・2万5千地図買に旭川行(車中泊地でいい山と聞いた道南の狩場山)などで過ごす。
 7月12日、去年の北海道で別々お二人から勧められたニセカイカウシュッペ山へ。登山口から2時間歩いた4時前、日の出ショウが見れる稜線展望地に到着。ショウにはギリギリに間に合う。今回は目の前に拡がる表大雪のモルゲンロート。残雪多い山系を赤く照らす線がだんだんと山肌を下ってくる。黒々としていた大槍・小槍の稜線がほんのりと明るくなっていく。ここでもタップリと表大雪山の移りゆく表情を楽しむ。
 大槍への急登で今日最初の方が頂上まじかのコルでもうお一方が追いつかれてきた。登頂されてお二人共にすぐに下山される。この好天気に素晴らしい景色、なんとモッタイナイ。
 私、トロ足なので焦らずユックリと。登山道はトラバースする大槍にも登頂。通称「アンギラス」への稜線を入り口まで少し歩いてみた。「アンギラス」先に去年登った武華山が。
 ニセイカウシュッペ山頂上。表大雪を目の前にトムラウシ山と思える山域まで。360度の絶景が拡がっている。北に天塩岳も見えてたのだろうが目は表大雪方向ばかりを見ていた。
 1時間半あまりユックリノンビリ。後続の方々が頂上で次々に変っていったがユックリできないそれなりの事情があるのでしょうね。またまた絶景を充分に楽しまれないのはモッタイナイナと思う。
 下山は花写真を撮りながら。(この山は三百名山です。なんで二百名山じゃ〜ない の?)    (記 N川)



160712-00_thumb.jpg
 登山口 車中泊の前日に撮りました


160712-01_thumb.jpg
 表大雪山に陽が差し頂部が染まってきました


160712-02_thumb.jpg
 比布岳・北鎮岳を間近に


160712-03_thumb.jpg
 比布岳から白雲岳方面のモルゲン 感激!!


160712-04_thumb.jpg
 大槍・小槍シルエット向こうがほんのり朱い


160712-05_thumb.jpg
 日の出から50分程度たってから


160712-06_thumb.jpg
 小槍の向こうはトムラウシでしょう


160712-07_thumb.jpg
 朝日を受けて 頂上に続く緑輝く美稜線


160712-08_thumb.jpg
 右端に通称「アンギラス」が見える


160712-09_thumb.jpg
 支稜から「アンギラス」を武華山・武利山も


160712-10_thumb.jpg
 何回も目を奪われるピークです


160712-11_thumb.jpg
 途中にエゾコザクラが


160712-12_thumb.jpg
 チングルマ道を頂上に向かいます


160712-13_thumb.jpg
 頂からトムラウシ十勝連峰の先は日高山群?


160712-14_thumb.jpg
 大槍を中心に表大雪とトムラウシ


160712-15_thumb.jpg
 オヤオヤ! 標識撮るの忘れとった


160712-16_thumb.jpg
 イワヒゲの群落を見つけました


160712-17_thumb.jpg
 前衛峰を回って単独行者が登ってこられた


160712-18_thumb.jpg
 三角点より少し高い所から頂上を


160712-19_thumb.jpg
 クワガタかな?でも無いような 名は?です


160712-20_thumb.jpg
 ハクサンイチゲガが凛と


160712-21_thumb.jpg
 この景色も気に入ったようですね


160712-22_thumb.jpg
 ウズラバハクサンチドリ 葉斑点が珍しい様


160712-23_thumb.jpg
 頂上見ながらお花畑見ながら下山中


160712-24_thumb.jpg
 1533m無名ピーク 雲が湧いてきました


160712-25_thumb.jpg
 12時前 表大雪山の頂も雲をかぶりだした


160712-26_thumb.jpg
 下山 20台余り駐車可も満車になることも






ホームページに戻る