イワオヌプリ

2016.7.21
 メインの一部である芦別岳をねらって富良野にとどまったが予報が冴えない。日程が決まっている以後の山行から逆算して、興味あった洞爺湖・室蘭方面に移動して観光。
有珠山・昭和新山は駐車するだけでも500円。ここの数倍景色に見ごたえありロハの所は至る所にあるのにと不平がグツグツ。やはり観光地は寄りつく所ではない。
 芦別岳登山口引き返し時ニセコを経由した7月21日。余りに天気が良いのとここ4日間歩いてないのでガイド本からニセコのお手軽登山を探して若い火山のワオヌプリを登ることにした。灌木帯の標高差200mを登ると景色がガラリと変わる。噴火して歳月が経ってない 荒涼とした景観を楽しむ。すぐ東隣にニセコアンヌプリが対照的に緑豊かな姿をしていた。登山口から長蛇の中学生団体が先行。聞けば東京からの修学旅行中とのこと。登山初めての子も居たのであろうが全員足元は登山靴でした。
 富良野郊外でブラブラしていた時の写真を後部に添付してます。(記 N川)  




160721-00_thumb.jpg
 長蛇の団体列を追いながら登山開始


160721-01_thumb.jpg
 振り返れば登山口の五色温泉


160721-02_thumb.jpg
 標高差360m余りの山でも登山届を


160721-03_thumb.jpg
 200m灌木帯を登ると荒涼とした火口原が


160721-04_thumb.jpg
 東側にニセコ山群が並ぶ


160721-05_thumb.jpg
 緑のニセコアンヌプリと対照的な景観です


160721-06_thumb.jpg
 火口原を振り返る


160721-07_thumb.jpg
 南側は噴火湾の長万部方面だが入り組んどる


160721-08_thumb.jpg
 噴火後まだ若い景観の稜線を行く


160721-09_thumb.jpg
 列をなして登ってこられてます


160721-10_thumb.jpg
 濃霧・ホワイトアウト時は迷いますね


160721-11_thumb.jpg
 やっとイワオヌプリ頂上に着かれましたか


160721-12_thumb.jpg
 先ほどはあっちの方からこっちを見てました


160721-13_thumb.jpg
 頂上への稜線から登山口五色温泉を望みます


160721-14_thumb.jpg
 団体は東京中学生の修学旅行でした


160721-15_thumb.jpg
 対面の周遊コース鞍部に登山者が


160721-16_thumb.jpg
 下山時振り向けば中学生が周遊中


160721-17_thumb.jpg
 大きな大きな火口原でした


160721-18_thumb.jpg
 富良野放浪時に十勝連山峰を農場越えに


160721-19_thumb.jpg
 郊外に出ると広大な景観が見れます


160721-20_thumb.jpg
 麦畑も収穫の時期を迎えているような


160721-21_thumb.jpg
 この富良野でも直線道路が富良野岳に向けて


160721-22_thumb.jpg
 有名なファーム富田で


160721-23_thumb.jpg
 有名でもファーム富田の駐車場は無料






ホームページに戻る