大万木山 再訪

2018.1.15
 雪が降る。芸北の道路では除雪車除雪の後、すぐにまた雪で道が消えると言う。抜けれない所要がこの所続く。14日朝。天気予報に午前中前半に晴れマーク。翌日の平日15日は所要の狭間で一日中自由がきく。思わず時間自由人のK川さんに電話していた。『明日15日ラッセル大変でしょうが行きませんか?』『行きましょうか?』
 15日4時半自宅を出発。7時半過ぎ、除雪してある頓原の最上部民家上に駐車して出発。還暦をとうに過ぎた2人ですので、前日と前々日と思われるトレースあり大助かり。初めて頂上が見える車道に出た。頂上から下に白色木々が輝いてる。前回と同様にK川さんに先に行ってもらいN川さんは自分ペースで後から追っかけることに。
 地蔵尊を過ぎ急坂を登って1080mあたりの平坦地。灰色雲を背景ではあっても満足な見ごたえの景色が拡がる。ガスが出て灰色に包まれていても風情が。5年前の感激雪景色が。頂上近く避難小屋近くになると・・・・ 言葉が出ないほどのロマンティックな光景が。頂上。堂々の姿があった8日前の標識は掘り出さないと確認できない程に。
 期待通りの光景に120%満足し頂上小屋で合流の2人。「山歩き決定までの会話は『雪の大万木山行はどうしましょうかね。行ってみましょうか?』ではなくて『今日は行かなくてはなりません』でしたね」と軽口をたたきながらの下山でした。
 帰りの車内。安駄山・高鉢山山全体がほんのひと時夕日に染まり、道路沿い山際空 も30分以上、夕焼けの美しさを見せてくれました。良い一日でした。   (記 N川)




180115-00_thumb.jpg
 出発地点から 今日は期待できるかな?


180115-01_thumb.jpg
 8時半 稜線の夜明けが谷間から伺えた


180115-02_thumb.jpg
 車道に出て 頂上は白い世界で心はやれど


180115-03_thumb.jpg
 今日は地蔵尊も雪で化粧を


180115-04_thumb.jpg
 今日も北方面の見晴らしは良し


180115-05_thumb.jpg
 三瓶山も


180115-06_thumb.jpg
 もうすぐ平坦地 晴れ間は続いてくれません


180115-07_thumb.jpg
 ゾクゾク光景の始まりです


180115-08_thumb.jpg
 上を見たら


180115-09_thumb.jpg
 青空背景ならなどの贅沢は言わなくても贅沢


180115-10_thumb.jpg
 着雪多くなり頭垂れる樹木も


180115-11_thumb.jpg
 幹にも


180115-12_thumb.jpg
 大木少しガスに包まれほんのりと神秘感が


180115-13_thumb.jpg
 縦位置にもトライ


180115-14_thumb.jpg
 頂上に近づくと凄いことに


180115-15_thumb.jpg
 周り皆同じような光景が


180115-16_thumb.jpg
 先行者が掘り出していました


180115-17_thumb.jpg
 ちなみに8日前の標識です


180115-18_thumb.jpg
 頂上平地 まっさら


180115-19_thumb.jpg
 案内標識も埋まってしまいました


180115-20_thumb.jpg
 1月15日の頂上小屋姿


180115-21_thumb.jpg
 縦位置で


180115-22_thumb.jpg
 メルヘンの世界へ吸い込まれてます


180115-23_thumb.jpg
 贅沢に「どこを切り取っても同じ」の感覚が


180115-24_thumb.jpg
 下るにつれて少し空に青いものが


180115-25_thumb.jpg
 ここまで青くなってくれれば大満足 が・


180115-26_thumb.jpg
 今日の歩きは満点景色でした


180115-27_thumb.jpg
 14時40分 朝道路の雪が大方溶けてました


180115-28_thumb.jpg
 帰車内で夕焼け撮れなかったので在庫中から 


180115-29_thumb.jpg
 広島の街にも明かりが輝いて 在庫分から






ホームページに戻る