久住山

2018.1.27
 天気予報。この冬一番の寒波の中、晴れマークは27日土曜日だけ。前日の26日15時に広島を出発。翌日、牧ノ戸登山口を早朝に出発のためほとんど走らない有料を走り21時過ぎ登山口に到着です。気温表示はマイナス11度。 エンジン止めた車中泊、寒くて途中一度目を覚ます。  27日、頂上からの日の出はあきらめマイナス13度の中、5時半に出発。出発してすぐ同行のN川さん調子悪くてリタイアーし引き返し。単独で先行者のトレースを追っかける。
 沓掛山を下ったぐらいで明るくなったがガスで見通しはきかない。
 初めて歩くコース。若者2人の先行者に導かれて星生山へ。頂上はガスの中。風が強い。不覚にもネックウォーマー・目だし帽を忘れて顔面が痛いを通り越して口が動かず2人に挨拶もできなかった。
 口を動かすのもおっくうで東北の方が略して言葉を交す気持ちが良くわかった。中岳へ。三脚を構えた3人の方々がガスの晴れるを待っていたが。私は見晴らしも無く寒さ極限ですぐに帰路へ。割れて落ちたら戻れないの不安ビクビクで凍ったお池の湖面を歩く。
 西千里浜。だんだんと明るくなりガスが・・・。星生山の頂上から『きゃー!!凄い〜〜!!』と若い女性の声が聞こえる。ムムムム〜〜!!
 青空の下、霧氷が目に入ってくる。これまでほとんど出さなかったカメラ、シャッターを何度も押す。
 12時半、下山。しばらくは車中で待っていたN川さんに状況をしゃべるのもキツカッタ!(記 O村)




180127-00_thumb.jpg
 8時6分 ガスで見晴らしは無く強風極寒


180127-01_thumb.jpg
 9時46分 ここも見通し悪し


180127-02_thumb.jpg
 ガスの中岳を振り返る


180127-03_thumb.jpg
 初めて歩く氷結お池なので不安が一杯


180127-04_thumb.jpg
 ガスで見通しも悪いし


180127-05_thumb.jpg
 星生崎避難小屋でちょっと一休み


180127-06_thumb.jpg
 はっきりと樹氷が見え出した


180127-07_thumb.jpg
 10時46分ありゃ〜!青空が見え出した〜


180127-08_thumb.jpg
 星生分かれから こんなことは再々あり


180127-09_thumb.jpg
 星生山西側斜面の樹氷群を狙う


180127-10_thumb.jpg
 涌蓋山・黒岩山・泉水山方面を


180127-11_thumb.jpg
 肥前ヶ城西面を


180127-12_thumb.jpg
 阿蘇五岳が遠方に望める


180127-13_thumb.jpg
 久住山を シャターをバチバチと


180127-14_thumb.jpg
 三俣山・星生山ここ登る時強風で辛かった〜


180127-15_thumb.jpg
 ちょこっと黒く久住山の頂上が


180127-16_thumb.jpg
 阿蘇山 ちょっと近寄ってみました


180127-17_thumb.jpg
 三俣山にも近寄って


180127-18_thumb.jpg
 沓掛山に帰ってきた 青空が凄い


180127-19_thumb.jpg
 涌蓋山 最後までの遠望をありがとう


180127-20_thumb.jpg
 10時36分 牧ノ戸登山口で


180127-21_thumb.jpg
 車で待ちのN川君退屈なので


180127-22_thumb.jpg
 帰路 星生山を真ん中に久住連山を


180127-23_thumb.jpg
 九重近くの竜門の滝にも寄ってみた


180127-24_thumb.jpg
 ルート図








ホームページに戻る